詐欺被害にあった際の返金請求

詐欺被害にあった際の返金請求

詐欺被害にあった場合返金を求める際にはなかなか一人では解決出来ない場合が多いと思います。

 

そういった場合には、やはり法律の専門家の方に相談する事が良いと思います。

 

法律の専門家の弁護士さんなどに相談する事によって法律に基づきながら適切な対応をして頂く事が出来ますので専門家の方に相談する事はふさわしい事だと思います。

 

やはり一人ではなかなか解決出来ない問題はそういった専門家の方に相談する事によって適切な対応をして頂く事が出来ますのでとても頼りになると思います。

 

やはり専門家の方はそういった問題にはとても詳しく経験が豊富な方ですので安心して相談する事が出来ると思います。

 

相談する事によって色々な知識を教えて頂いたり、適切なアドバイスなどもしてもらう事が出来ますので色々な面で助かる事が多いと思います。

 

そういった専門家の方の指示に基づいて行動していく事が必要だと思います。

 

細かい経緯などを説明する事によって専門家である弁護士さんは柔軟な対応をとって下さいますので万が一そういった詐欺被害にあった場合に返金を求める際には専門家の方に相談する事がふさわしいと思います。

 

又警察の方に相談する事もとても良いと思います。

 

やはり専門家の弁護士さんと同じ様に色々な詳細について警察の方に相談をする事はふさわしい事だと思います。

 

後は警察の方の指示に従いながら行動をしていくと良いと思います。

 

法律に詳しい専門家の弁護士さんや警察の方に相談する事はとても必要な事だと思います。

 

一人ではなかなか詐欺被害にあった場合でもどのように返金を求めたらよいか分からない事が多いと思いますし、一人で悩んでいらっしゃる方がいましたら警察の方や専門家の方に相談をして適切な対応をして頂く事が良いと思います。

 

組み戻しの手続き

 残念ながら詐欺にあってしまった場合、それが代金を相手の口座に振り込んでしまった場合の話ではありますが、まずは組み戻しの手続きをしてみることをおすすめします。
 組み戻しとは、振込み手続きが完了した後にその振込みが間違いであったりした場合に、銀行で手続きをしてその振込みを取り消してもらい、振り込んだお金を返却してもらう手続きです。銀行所定の手数料(840円程度のところが多いです)がかかりますが、被害にあった金額を取り戻すことを考えれば安いものだと思います。
 ただし、この組み戻し手続きは相手の了承が得られないと返金がされないため、特に詐欺のような場合には相手が返金を拒否する場合も考えられます。
 その場合には次に、相手に文書を送ることが有効です。意外と思われるかもしれませんが、はがきに必要事項を記載して発送すると効果が得られる場合があります。特にネットオークションで被害にあった場合に有効なのですが、詐欺行為をする人は素人である場合が意外に多いです。そういった人は周りに発覚することを恐れるため、はがきを出した段階で返金や商品の発送に応じる場合があります。
 それでもだめな場合は、内容証明郵便を出すことをおすすめす。内容証明郵便とは、いつ、どのような内容の文書を誰に送ったのかが記録されるものであり、確定日付のある証書とて、裁判の際の証拠にもなります。また、警察に被害届を出す際にも内容証明郵便を発送している場合としていない場合とでは、被害届受理のスムーズさにも大きな違いが出てきます。
 内容証明郵便を出しても反応がない場合、小額訴訟を提起するという手段もあります。小額訴訟は即日結審ですし、また、弁護士を立てる必要もないため、費用も安くて済みます。相手の住所がわかっている場合には、このような方法も有効だと思います。

 

詐欺被害にあった際の返金請求関連ページ

弁護士事務所には連絡せず、法テラスに相談したところ、「詐欺」だろうと判断
詐欺被害にあった際の返金請求について