詐欺被害にあった時の返金を求める際にふさわしい方法について

詐欺被害にあった際の返金請求について

 

残念ながら詐欺にあってしまった場合、それが代金を相手の口座に振り込んでしまった場合の話ではありますが、まずは組み戻しの手続きをしてみることをおすすめします。

 

 組み戻しとは、振込み手続きが完了した後にその振込みが間違いであったりした場合に、銀行で手続きをしてその振込みを取り消してもらい、振り込んだお金を返却してもらう手続きです。銀行所定の手数料(840円程度のところが多いです)がかかりますが、被害にあった金額を取り戻すことを考えれば安いものだと思います。

 

 ただし、この組み戻し手続きは相手の了承が得られないと返金がされないため、特に詐欺のような場合には相手が返金を拒否する場合も考えられます。

 

 その場合には次に、相手に文書を送ることが有効です。意外と思われるかもしれませんが、はがきに必要事項を記載して発送すると効果が得られる場合があります。

 

特にネットオークションで被害にあった場合に有効なのですが、詐欺行為をする人は素人である場合が意外に多いです。そういった人は周りに発覚することを恐れるため、はがきを出した段階で返金や商品の発送に応じる場合があります。

 

 それでもだめな場合は、内容証明郵便を出すことをおすすめす。内容証明郵便とは、いつ、どのような内容の文書を誰に送ったのかが記録されるものであり、確定日付のある証書とて、裁判の際の証拠にもなります。

 

また、警察に被害届を出す際にも内容証明郵便を発送している場合としていない場合とでは、被害届受理のスムーズさにも大きな違いが出てきます。

 

 内容証明郵便を出しても反応がない場合、小額訴訟を提起するという手段もあります。

 

小額訴訟は即日結審ですし、また、弁護士を立てる必要もないため、費用も安くて済みます。相手の住所がわかっている場合には、このような方法も有効だと思います。

 

詐欺被害にあった時の返金を求める際にふさわしい方法について記事一覧

詐欺被害にあった際の返金請求

詐欺被害にあった場合返金を求める際にはなかなか一人では解決出来ない場合が多いと思います。そういった場合には、やはり法律の専門家の方に相談する事が良いと思います。法律の専門家の弁護士さんなどに相談する事によって法律に基づきながら適切な対応をして頂く事が出来ますので専門家の方に相談する事はふさわしい事だ...

≫続きを読む

弁護士事務所には連絡せず、法テラスに相談したところ、「詐欺」だろうと判断

10年ほど前のことです。私に、「東京都千代田区」にあるという弁護士事務所を名乗る事務所からの文章が届きました。ないようは、要約しますと*以前、CATCAT(←ワタシノフルネーム )さんがインターネットを通じて、とりひきをされた、「ABCD商事様からCATCAT様を訴える」という訴訟 について原告側の...

≫続きを読む