宝石販売のキャッチ詐欺被害

詐欺被害にあったと思い、すぐに返金処理を行った

以前に一本の電話が自宅に着ました。

 

全く知らない男性だったのに当時若くて遊び盛りだった私は、宝石を見せるだけではなくて喫茶店でお食事でもしながらお話をしませんかという言葉にのってしまい、休みの日に日程を合わせて会う約束をしてしまったのです。

 

それがきっかけとなり詐欺被害にあってしまったのだろうと思います。

 

自分的にはこれは本当に恐喝詐欺被害だと今は思っております。

 

会った人とは普通の関西人でした。

 

優しい人でお話も上手で、ご飯を食べたらその宝石の展示場に案内しますということで、購入はしないでもいいので見学だけでもと言ったのでしぶしぶ行くことにしました。

 

行ってみると沢山の女性たちがいて、次々と案内してもらったり写真を撮ったり購入したりと、営業マン姿の人たちがたくさんいましたし、莫大な音量の音楽が流れていたりと驚きました。

 

宝石の展示場ってこんな感じなのだろうかと思ってしましました。

 

まず私はテーブルに案内されて、お食事した男性が違う男性を連れてきました。

 

それから宝石についての説明が長々と始まりました。

 

その後話がだんだんと購入させるような話になっていったのです。

 

私はお食事した男性には購入しなくても見るだけでもということで来たのにどうしてこんなに説明されないといけないのだろうと思いましたが、それを言えない私は黙って聞いていました。

 

本当に購入させるような感じになってきたので購入しませんと言いました。

 

しかしまた男性が席を立ち、偉そうな人を今度は呼んできました。

 

その人もまた最初から説明が始まり、購入の話になりはじめました。

 

それでも私は購入しないと言っていたのにもかかわらず返してくれなそうな勢いだし、だんだんと口調も強くなってきて恐怖に襲われ泣いてしまいました。

 

でも音楽も莫大にかかっているので誰も見てくれて助けてくれそうな人もいなくて、70万円位の宝石を購入する事にサインしました。

 

一生が終わったと思いました。

 

しかし、サインをしたらすんなりと返してくれて自宅に帰ってからは両親にも言えず誰にも言えなかったので、とりあえずそのような話を聞いてくれる人の所へ尋ねたらクーリングオフが使えると言われてすぐにクーリングオフをして助かる事ができました。

 

それからというもの、知らない人の電話はなるべくでないようにしています。